プラグインハイブリッド EV走行 距離

プラグインハイブリッドのEV走行距離は?

プラグインハイブリッド最大の特徴であるEV(充電した電気だけで走る)走行距離を比較して見ました。

 

コレを使わないことにはプラグインハイブリッドに乗っている意味はないですよね。

 

そこで一番お得なEV走行をした際にエンジンを使わないでどこまで走行できるのかという比較です。

 

各メーカーのEV走行距離は車種によっても違いますが、特にメーカーによって数十キロから百キロ近くにもなりますので性能はかなりのバラつきがあります。

 

プラグインハイブリッドでも車体が小型の方がEV走行距離も長めの設定となっています。

 

EV走行距離は長いとその分ガソリンを使わないために燃料費で車体価格の元が取れるか取れないかの分岐点となります。

 

また通勤などで使う場合は通勤距離にもよってお得度が違いますので、使用用途に応じたプラグインハイブリッド車狙いをしたほうが良さそうですね。

 

それでは各社のプラグインハイブリッド車のEV走行航続距離比較です。

 

TOYOTA プリウスPHV

EV航続距離 26.4Km

三菱 アウトランダーPHV

EV航続距離 60.2Km

HONDA アコードPHV

EV航続距離 37.6Km

メルセデスベンツ

EV航続距離 33.0Km

ニッサン リーフ

EV航続距離 228Km (完全EVなので参考データー)

 

このようなデーターとなっています。

 

ちなみにプリウスPHVは約400万円に対してメルセデスベンツSクラスPHVは1600万円とかなりの高額車にまでプラグインハイブリッドが浸透しているということです。

 

今後需要は更に高まりそうなのでプラグインハイブリッドに乗り換える際にはトップページのお得に乗り換える方法を使って早めに乗り換えた方が良さそうですね!

 

 

プラグインハイブリッド車に乗り換えるとお得だとはいえ、今の愛車を出来るだけ高く売ることは忘れないでください。

 

↓↓過去に私が高価買取を実現したオススメの一括車査定サイトです。↓↓

 

 

かんたん車査定ガイドで愛車を高く売ってからプラグインハイブリッドに乗り換えましょう!

 

 

トップに戻る